ブログ

2021年9月6日

『社会福祉士に、私はなる!』のリアルなお話。

皆さまこんにちは
ニフィス通信教育部のスズキです。
いよいよ来月より、2022年度入学生の募集が開始されます
すでに資料請求をいただいている皆様には、募集要項が完成次第お送りいたしますので今しばらくお待ちください。
そして現在も資料請求を絶賛受付中です興味のある方はぜひこちらから資料請求ください。

さて、当校は社会福祉士養成施設として創設22年、社会福祉士国家試験の受験資格取得者を約5000人輩出しております
近年の社会福祉士国家試験合格率における全国平均は25~30%前後で推移しており、約10人に3人しか受からない難関試験です。                     (ちなみに、当校の国試合格率は全国平均を上回っております

希望する全ての皆さまに社会福祉士になっていただきたいのですが、正直なところ、並々ならぬ努力が必要だと思います。そこで今回はリアルなお話を少々。

社会福祉士を取得するにあたり、大学等で指定科目を履修していない方は、当校のような養成施設に入学し、法令による受験資格を得なければなりません。

まず、養成施設に入学するには、入学資格をお持ちであることが前提です。
そして入学後学習を進めていくわけですが、当校のような通信教育課程は、大学など通学課程の学校に比べて学費も安く、決められた時間割はありませんので、レポートの提出期限等決められている日程に合わせて自由に学習計画を立てられるというメリットがあります

一方で、自由度が高いということは、強制度が低いので、自らをコントロールし、モチベーションを維持しながら継続的に学習できるかどうか、が重要です
これは多忙な社会人にとってとても大変で、難しいことだと思います。。。   ですが、それができないと社会福祉士取得は夢のまた夢、となってしまいます。

しかしながら、計画を立て、それを実行していくことで「達成感」を感じる事は、モチベーションを維持する上で非常に効果的であり、その積み重ねが『社会福祉士に、私はなる!』という大きな目標を達成するための力をつけていくことになるはずです

実際、合格者体験記を見ると、日々の生活の中で学習できる限られた時間を把握し、その中で逆算してレポート作成や国家試験対策に計画的に取り組んでいる方が、ストレートで国家試験に合格しています。

通信教育は利便性が高い一方、やり方を間違えるとメリットが逆効果を生んでしまう学習スタイルです。だからこそ計画的に進めることで通信教育の良さを最大限に引き出すことができるのです

入学のご相談はこちら!

電話番号0120-211-294

在校生・卒業生の方はこちら!

電話番号025-240-4820

受付時間:
月〜金 9:00~17:30/土日祝 休業
※臨時休業を行う場合がございます。その場合には新着情報にてお知らせいたします。