メニューを開く
メニュー

日本こども福祉専門学校 通信教育部|nifis - ニフィス|新潟県中央区の社会福祉士養成施設 - 社会福祉士短期/一般通信学科日本こども福祉専門学校通信教育部

ブログ

2019年06月18日

ブログ

ニフィスの授業 第1弾! 「実習事前指導」

こんにちは

通信教育部のサクラザワです

新潟は梅雨入りしたものの、すでに真夏のような暑い日が続いております

 

さて、先日、今年度最初のスクーリング授業が開催されました

今回はその中でも、「実習事前指導」の授業風景についてレポートしたいと思います

 

そもそも、「実習事前指導」とは、受講生の中で相談援助実務の経験が1年未満の「実習該当者」を対象に、現場実習に先立って行われる実習に特化した授業のことです。

「実習事前指導」では、講義や演習を通して、実習を進める上で必要な知識や技術を学びます。

ニフィスの面接授業のグループは卒業までメンバーが変わらないため、もともと仲間意識が芽生えやすいのですが、中でも実習該当者のグループは、現場実習という大きな壁を乗り越えるという苦労を共にするため、特に結束力が固まります

 

今年の実習該当者の皆さんも、2日間の授業が終わる事にはすっかり打ち解け、和気あいあいとした雰囲気に包まれていました。

 

(授業風景:ご覧くださいこの真剣な表情を

 

(授業風景:演習の1つもチラリ

 

2日間の実習事前指導を受講したみなさんの感想(の一部)です

 

*^_^* 実習事前指導、受講してよかった~という感想

「いろいろな事例について、たくさんグループワークができてとても参考になった。」

「グループワークが多めで、飽きがなく、自分で考えたり他の人の考えを聞けたので良かった。」

「面接の時間を設けてもらい、気になっていたことを聞けたので良かった。」

「充実していて時間が短く感じた。」

「孤独にレポートを書く勉強よりも、みんなで集まって授業を受ける方が楽しかった。」

 

((+_+)) 実習事前指導、大変だった~という感想

「盛りだくさんの説明で、あっぷあっぷです。」

「実習の手続きの流れが難しいです…。」

「勉強についていけるか、提出物が期限内で提出できるか不安。」

「事前訪問時の面談を想定したロールプレイは、ロールプレイとわかっていながらとても緊張した。」

など、実習の手続きの流れや提出物を心配する声も聞かれましたが、通信教育部のスタッフがフォローしますのでご安心ください

 

以上、「実習事前指導」授業レポートでした。

次回は、ニフィスの授業 第2弾 「相談援助演習」についてレポートします。

お楽しみに